にじんだり ぼやけて見えたら即検診 ranshi.gif     乱視の意外な原因を知り 早期発見、早期治療に希望あり!

スポンサードリンク

2014年01月03日

乱視 は 治せる。メガネやレーシック手術に頼らずとも。


乱視  は早期発見早期治療 が決め手です。

乱視 と 聞くと ひきつりますよね。

専門化からは

 「乱視 はほっておいても治りません。」

 言われて

  乱視メガネ か レーシック手術 を勧められます。
 
でも それらに頼らず 多くの実績を上げた

  >> 治療例が存在します。
 
   ポイントは早期発見、早期治療です。

特に 健康診断で視力検査を受けても 

  「あなたは乱視です」 とは言ってくれません。   

当サイトのお奨めは

     乱視の早期に発見には 眼科医かメガネ屋さんの力をお借りしますが

  乱視と分かったら

      乱視メガネ や レーシック手術 に頼らない治療の実践です。

       
乱視を見つけるにはどうしたらよいでしょう。

視力はあるけれど 上の図の様に

 にじんで見えたり ぼやけて 見えたら 即 検診をお勧めします。


乱視の検診は 眼科医でもメガネ店でも可能です。

  
乱視が判明すると 専門家はこういいます。 

   
 「乱視はほっておいても治りません。」

 「乱視メガネ を お勧めします。」

             by メガネ屋さん


siryokukyousei

















 「乱視はほっておいても治りません。」

 「レーシック手術 を お勧めします。」

                 by 眼科医の先生

8e7f63e1









それは正しいコメントです。

でも

 乱視メガネ は 視力は取り戻せても 乱視そのものが治るのではなく

  乱視が進む懸念があります。


 レーシック手術 は 医療レベルが進んで 成果を上げています。

 しかし 乱視になる原因そのものを 改めないと

     再発する懸念があるからです。

       再発の度に手術なんて 考えられないですよね。


物が にじんで見えたり ぼやけて見えたりする直接的な原因は

  目の 水晶体や角膜に “歪み” が出来る為ですが

   その ”歪” をもたらした原因が 生まれつき 即ち遺伝 では無い限り

     治すことが可能です。


乱視を目の病と 捉えるのではなく

 血行不良 という 

 体の病が 乱視という症状に現れたと

    考えて行う治療です。  



ただし 極度に乱視が進んでしまえば 回復が困難です。

  早期発見、早期治療がお勧めです。


メガネ、レーシック手術に頼らず 多くの実績を上げた

  >> 治療例が存在します。

        




posted by 面白いネコ at 19:30| Comment(0) | 乱視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。